「お客様クサイです」と嬢は言えません

小学生の頃、自分の靴のニオイは関心事の一つであった。1時間弱の長い授業時間が終了し、休み時間には校庭に行って遊んだりする訳だが、そのたび毎に嗅いでいた気がする。不思議なもので自分から発せられるニオイというのは不快感が無く、むしろいいニオイに感じられる。納豆を嗅いだ時に腐った豆だと私達は感じない。何て美味しそうなんだろう、これをご飯と一緒に‥という感覚である。

特に狭い部屋で接客している風俗嬢などは、この問題の最大の被害者である。お客さんがクツを脱いで、ベッドでくつろぎ始めた頃には「なんなんやこのニオイは!」と思っているだろう。しかし思うだけである。それを口には出せないのだ。精液を口に出されるのはOKでも、なんかクサイという自分の考えを口から出すのは簡単ではない。

子供と違い、歳をとると自分の靴のニオイを嗅ぐという行為自体をしなくなる。学校とは違い下駄箱に靴を収納する機会がないからだろう。下駄箱だと靴を上に持ち上げる動作があるから、その時ついでに嗅ぐ事が出来るが、自宅では一々そんな事はしないため靴から発せられる異臭を放置してしまうのだ。

最低でも数年に1回は靴を新しいものに変えておく様にしよう。

デリヘルにするかホテヘルにするか

今回の話においては、デリヘルは自宅に女性を呼ぶこと、ホテヘルはホテルに女性を呼ぶこととして、考察します。

まずはそれぞれのメリットをみていきましょう。
デリヘルの場合は、自分が身動きする必要がありません。
連絡して予約すれば女の子がそのうち来てくれます。
あとはお金さえ払えれば楽しめる気軽さがあります。

ホテヘルの場合は、選ぶ部屋によっては部屋やお風呂場などが広いことで女性といろいろと楽しめる幅が広がることでしょう。
後始末や掃除の心配もないというところもポイントです。
ホテルによってはアメニティグッズが手に入りますし、女性側の印象も悪いはずはありませんから、お互い楽しいプレイができる可能性が高まります。

デメリットとしては、メリットの逆があります。
デリヘルの場合は部屋やお風呂場の掃除は必要なことがありますし、家まで来てもらうことで近所の人にバレてしまったり、物音を大きく立ててしまうことで隣近所に知られたり、迷惑をかけてしまう可能性があることです。

ホテヘルの場合は、ホテル代がかかることにあります。
ホテル代も安くて3000円ぐらいからでしょうし、この額が積もっていくとデリヘル1回分がすぐにたまることでしょう。
ホテルまでの移動も余儀なくされますから、交通費がかかったり、移動に時間もかかります。

自宅に呼ぶことは普段の生活に刺激を与えることにもなりますし、ホテルでのプレイは特別な感覚があることでしょう。
どちらにも良い所、悪い所があるので、あとは自分の価値観や好みで利用するといいでしょう。

デリヘルの特徴と楽しさ

風俗を使う場合にはプレイする場所選びが大切です。
店で遊ぶのか、それとも女の子をデリバリーして遊ぶのかによって最適の業種が変わってきます。
店舗で遊びたい場合はファッションヘルスやピンサロが定番です。
手頃なコストで遊びやすいですし、パネルを見て女性を選べる安心感や、独特のアダルトな雰囲気は病み付きになる男性も多いです。
デリバリーして女性と出会いたい場合には、デリヘルを使うと良いでしょう。
デリヘルの他には女の子と待ち合わせして、近隣のホテルまで一緒に行って遊べるホテヘルというサービスもあります。
デリヘルはホテヘルとは違い、ホテル以外に自宅に女性を呼び込める点が魅力の一つです。
女性を自宅に呼ぶ機会はかなり親密な関係にならない限りなかなか無いものですが、デリヘルを使えばたった電話一本で、自宅での女性との時間を手に入れられます。
デリヘルは店員と顔を合わせたりすることも無いですし、プレイ前も待合室で待機しなくても良いですし、他の客の存在が全く気にならないプライベート性の高さも魅力的です。
まるで本当に恋人と遊んでいるような感覚で女性と出会うことが出来るので、ファッションヘルスと比較すると、プレイや女性との会話もリラックスした環境で行なえるのでカップル気分を堪能できる利点があります。